オール電化.netオール電化のQ&A太陽光発電に関するQ&A>太陽光発電で作った電気は売れると聞いたのですが本当ですか?

太陽光発電で作った電気は売れると聞いたのですが本当ですか?

太陽光発電を使って作り出した電気は電力会社に販売することができると聞きましたが、それはどういう意味でしょうか?また、どのくらいの値段で売れるのですか?

スポンサーリンク

回答:可能です。売電といい余った電力は電力会社に売ることができます

太陽光発電は昼間の時間に多くの電力を発電し、夜間には発電しません。しかし、一般的な家庭の場合電気を消費するのは主に夜間で昼間はあまり電気を消費しません。そこで、昼間に太陽光発電を通じて作られて余った電気については各電力会社に売る(売電)することができます。

なお、売電価格については、多くの電力会社では「お客様が購入している電気代と同額」というしくみになっていると思います。昼間の発電(売電価格)の場合20円〜30前後/Kwとなると思われます。

例えば、3Kwのシステムを導入して昼間8時間、平均70%の効率(曇りの日などを考慮)で発電した場合、月間に504Kwの発電をすることになります。売電価格を20円とすると10,080円分の電気を売電することができるということになります。(昼間に電気をまったく使用しなかった場合)

詳しくは「売電とは」のページで詳細に仕組みを説明していますので参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク